アパート建築をする

アパートを建てている現場を見ることはそれなりにあることだと思います。
街を歩いていても、建築中の立て看板を見ることもあるでしょう。
このアパート建築ですが、実はそれなりに手間がかかるもので、建てたいから建てるということはもちろんですが、きっちりとした手続きを踏まなければなりません。

アパート建築の際には、建築確認申請と呼ばれるものを行わなくてはなりません。
これはアパート建築を行うときには必ず行う必要があるもので、建築基準法を含めた法令にきちんと合致しているかどうかの審査を受けるために必要なものなのです。
この審査に適合すれば確認通知書と言うものが届きますし、不適合であれば適合しない旨の通知書が送られます。

建築工事に入って完了した後には、その四日以内に工事完了届を工事主事のところに届くようにする必要があります。
この書類が届いた後は、七日以内に建築物の審査を行ってもらうことができます。
適法と認められれば検査済証明が送られますが、この証明が出るまでは建築物を使うことができないため注意が必要です。

この語、不動産登記法に基づいて、登記申請用の図面を土地家屋調査士に作成してもらい、所轄法務局に登記申請用の図面作成を行ってもらいます。
所有権の証明の申請は司法書士に代理人になってもらい申請を行うのです。
こうした流れについて、このサイトでは紹介していますので、アパート建築の際にどのような流れになっているのかの参考になればと思います。


○特集
アパート建築の際に業者に一括見積りが出来る便利なサイトです・・・アパート建築 見積り

Copyright © 2014 アパート建築の流れ All Rights Reserved.